準備が必要な建設業許可申請

必要書類や営業所の地図、証明書の写しなどの準備が必要な建設業許可申請

建設業を営もうとするときには建設業許可申請をしておくと大きな工事も請け負うことができます。

建築一式工事なら請負代金が1件当たり1500万円未満、述べ面積150㎡未満の木造建築物の建築、土木一式と建築一式以外の電気工事や左官、屋根工事、管工事などの26種類の業種については一件当たりの請負代金が500万円未満の工事の場合は建築業許可を必要としませんが、それ以上の工事を請け負う場合は許可を得ていないで請け負った場合、懲役や罰金などの罰が課せられることになります。

建設業許可を得ずに小さな工事ばかりを請け負うつもりで事業を行っていても、親会社や大きな会社などから大きな工事の依頼があった場合でも請け負うことができないので、事業を拡張していためにも建設業許可申請を行う方が良いでしょう。しかしその申請は府どのように行えばよいのでしょうか。

建設業許可申請を行うということは大きな工事も請け負うということで、大きな工事になるほど危険を伴い欠陥も許されません。大きな建物や施設など建築しても欠陥工事をしてしまうと後々倒壊して大事故になる恐れがあります。

大きな建造物や建築物ほどその時に出る犠牲者も多くなります。そのようなことにならないためには工事の経験が豊富なことや建設中の労働者の安全や適正に工事が進められているかどうかを監督する立場の人を配置する必要があります。

また経営状態も万全でないと工事中の安全管理や人件費の削減での労働者の気力を低下させることになりかねません。だから経験が豊富なこと、専任技術者の監督者がいること、経営状態が良いことは最低限必要な条件となります。

また経営業務の管理責任証明書、誓約書、営業の沿革、営業所の地図や写真、取引金融機関のことなど20項目以上の書類や証明書をそろえて、営業所が二つ以上の都道府県にある場合には国土交通大臣、一つの都道府県なら知事に提出を士許可を得ることになります。

このような多くの書類を作成し、たくさんの項目を記入したり地図を書いたりする作業は、時間と手間がとられ業務を遂行しながら準備するのは大変です。しかしそんなときにはこのような手続きに詳しい専門家に代行を依頼することができるのです。

詳しく知らなければせっかく作成した書類を持っていっても必ずしもそれが通るとは限らず作成しなおしになることもありますが、専門家なのでスムーズに建設業許可申請を行ってもらうことができます。信用できる代行業者を選んで指示通りに準備物をそろえるだけでよいので安心できるのです。”

最近の投稿

Copyright© 2010 建設業許可申請の損益 All Rights Reserved.