建設業許可申請の提出

建物を建設する際には建設業許可申請の提出が必要です

日本においては憲法で経済活動の自由が保障されています。そのため、個人であっても会社であっても、原則として自由に事業を営むことができる仕組みです。物品を売買して利益を得るということはもちろんのこと、特定の商品を受注して製造するといったことも可能です。

そして、契約を締結する際にも当事者間の話し合いで自由に行うことができます。建物を建設するといったこともビジネスとして幅広く行われていますが、建物の建築は通常の物品の売買や受注生産などと異なり重要度が高いです。きちんとした構造になっていないと危険を伴うためです。特に地震や台風などがあった場合には、建物の強度が重要になってきます。

また、周辺の住民に対する影響も大きいなどといった理由から、建物を建築する際には、行政機関に建設業許可申請を提出しなければならないことになっています。
建設業許可申請には建築予定の建物に関するさまざまな情報が記載されています。建築関係の専門家や専門知識を身につけている人であれば、建設業許可申請を見て、どんな建物を建てようとしているのかを把握することが可能です。

また建築基準法などの諸法令に合致しているかどうかの判断も行います。建設業許可申請の記載内容から判断して、法令の基準に達していないと行政機関の担当者が判断した場合においては、許可を出すことができません。
そういった場合においては、建設業許可申請の内容をある程度修正してから再提出をすることになります。

そして、行政機関の担当者が問題ないと判断すれば、許可を得て建物の建築に着工することが可能になります。行政機関に提出をする際に、建設業許可申請の記載内容に関して質問を受けることもあるため、答えられるようにしておかなければなりません。適切に回答することができない場合には、許可を得ることが難しくなります。

そして、建築工事を行っている期間中は建設業許可申請の控えや許可証などを紛失しないように保管しておかなければなりません。大きな建物を建築する場合においては、行政機関の担当者が現場を見に来るといったこともあり得ます。そういった場合に建設業許可申請の控えや許可証の提示を求められることがあることから、現場の責任者や元請けの担当者などは、建設業許可申請を提出した後であっても、書類の保管を徹底しておくことが求められます。そして、現場の責任者は建設業許可申請に記載した通りに工事が進むように作業員に指示を与えることになります。”

最近の投稿

Copyright© 2010 建設業許可申請の損益 All Rights Reserved.