難易度はどのくらい

建設業許可申請の難易度はどのくらい

元請けや下請けは問わず、建設工事の完成を請負うことを建設業といい、建設工事の完成を請けおう業者は、建設業許可申請を行い、許可が必要となります。建設業にはさまざまな業種があり、それぞれについて許可が必要といえます。

ただし、建築一式工事において、1件あたりの代金が1,500万円未満の工事である場合や、建築一式工事以外の工事で1件の代金が500万円未満である際には、建設業許可は義務付けられていません。しかし、信頼度などの面からいっても、重要といえるために、建設業許可申請を行いたいと思っている業者は少なくないようです。建設業許可申請の難易度はどのくらいなのでしょうか。

もちろん、建設業許可申請を自分で行うことは可能でしょう。しかし、本業とは異なる分野ですし、かなりの資料などが必要になってきますから、現実的ではないというケースも多いようです。ですから、行政書士に依頼する業者も多数います。

申請を依頼された行政書士は、建設業許可申請書類の作成を行うだけんでなく、添付書類をそろえたり、役所とのやりとりを依頼主にかわって行うことになります。本業でなかなか時間を取ることが難しい依頼主にかわって、書類の代理提出をすることも可能です。建設業許可申請のためには、提出するまでの間に、相談などで幾度も役所を訪れることが想定されます。そのたびに、書類を書き直したり、予想以上の時間と手間を費やすことになるでしょう。人によっては、申請の難易度が高いと感じることにもなるはずです。

建設業許可にも、業種によって種類があるため、自分の仕事内容に適した業種で許可を取得することが重要となってくるのですが、専門知識が少ないと、どの業種を選べばよいのか、許可を受けるための条件について等について分からないことが多いために、より難易度が高いと感じることになってしまいます。

ですから、そのような困難が予想される場合には、行政書士などの専門家に相談したり、申請を依頼するのも良い選択肢といえるでしょう。また、建設業許可は、一旦取得すれば、そのままで良いというわけではないので、注意が必要です。特に、自分で申請し、取得した場合には、忘れてしまいがちかもしれませんが、建設業許可は、5年ごとに許可を更新する必要があるのです。

また、許可を維持するためには、決算報告などの書類を毎年提出することが必要です。特に、代表者が高齢で、次の代にかわったような際にも、変更届を提出しなくてはなりません。その他、称号や所在地に変更があった場合にも、変更を届け出る必要があります。このようなことを忘れてしまうと、苦労して取得した許可が失効してしまったり、取り直しという事態にもなってしまいます。

さらに、建設業に関する法律などは、頻繁に改正されることも多いので、気が付かないでいると、会社にとって不利益な状況になる可能性もありますから注意が必要です。”

最近の投稿

Copyright© 2010 建設業許可申請の損益 All Rights Reserved.